AV女優のなり方・方法

AV女優になりたいけどなり方がわからない、なるきっかけがないという女性に向けて、どうやって募集、応募したらいいか、プロダクション/事務所の選び方、メリット・デメリット、デビューするまで等、AV女優になる方法、なり方を詳しくお伝えしていきたいと思います。

AV女優になる 動機 は?

「AV女優になりたい」と思う女性は一般的にどのようなことを考えていることが多いのでしょうか。

AV女優募集、応募で面接に来た女性に、なぜAV女優になりたいのかを聞くと上記のような理由がほとんどを占めております。そこで次の項目ではどんな人がAV女優に向いているかの適正診断を紹介します。

AV女優になる メリット・デメリット

AV女優になることでたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。ここではその一部を紹介します。

メリット

デメリット

もらえる ギャラ について

AV女優は高収入というイメージがあると思いますが実際はどれぐらいギャラ(出演料)を稼げるのでしょうか。AV女優には大きく分けて3つ種類があり、それにより稼ぎ方が変わります。簡単に説明します。

単体女優

AVメーカーとの専属契約で、作品の主役です。

月に1回撮影

1回あたり50万円~300万円ほど

企画単体女優

主役または準主役として、どのメーカーとも撮影できます。

月に何度も撮影可能

1回あたり15万円~50万円ほど

企画女優

素人設定や、多数出演する中の1人、またはエキストラです。

月に何度も撮影可能

1回あたり3万円~15万円ほど

単体、企画単体の有名女優になると、海外企業、国内企業やアプリなどの商品広告のイメージモデル、パチンコ台になる、ゲーム出演など、AV以外にも1回100万円以上の高額なお仕事依頼が来ることもあります。

ギャラの 決まり方

デビュー時は主にルックス、肩書き(元芸能人など)で最初のギャラが決まり、デビュー以降は出演作品の売上実績によってギャラの増減、撮影依頼の本数、専属契約の場合は契約延長の有無などが変動していきます。AV女優で稼ぎ続けていくには作品の売上がとても重要です。

基本的にギャラはメーカーと事務所が交渉して決めます。事務所が相場よりも高すぎる金額を提示したらメーカーは断って他の女優さんを撮りますし、メーカーから相場より安すぎる金額を提示されたら事務所は他のメーカーに売り込みに行きます。

※メーカーと事務所の取引の実績により多少金額や契約が有利になることもあります。

協議して決まった金額のうち、女優さんの取り分は下記のようになることが多いです。

応募

直接プロダクション
事務所に応募で来た
女優さんの場合

50%

紹介

スカウトや紹介サイト
お悩み相談サイトからの
紹介で来た女優さんの場合

40%

なぜ「応募で来た場合」と「紹介で来た場合」で取り分が変わってしまうのか、次の項目で詳しく説明します。

AV女優の なり方

AV女優になるには必ず「AVプロダクション/AV事務所」と契約しないといけません。タレント、モデル、芸人などが所属する芸能プロダクションの一種で、AV女優を専門に扱っています。事務所と契約するとマネージャーが付いて、AVメーカーへの売り込みやギャラ交渉などのマネージメントをしてくれます。

AVプロダクション/AV事務所は大小併せて50社以上あり、その中から自分に合ったところを探して選ぶことになりますが、初めてだとどう探していいかわからないし、調べるのはとても大変で面倒くさいと思います。

スカウト・紹介を おすすめしない 理由

ただ、事務所探しが面倒くさいからといって街で声を掛けてきた「スカウトマン」(違法行為)や、スカウト会社が運営している「紹介サイト/お悩み相談サイト」(AV紹介の他にも風俗や水商売紹介などもあります)、ホスト、他事務所のモデルさんなどから紹介してもらうのは仲介料がかかるためおすすめしません。

※「紹介サイト/お悩み相談サイト」とはバニラなどの直接自分で応募、募集する求人サイトとは違い、紹介してもらう、または悩み相談してもらう流れから最終的に事務所を紹介する形式です。

なぜ、紹介をおすすめしないかの詳しい理由についてはAV女優の移籍についての「紹介を絶対におすすめしない理由」という項目で紹介していますので参考にしてみてください。

上記をご覧いただくとわかりますが、「紹介で始めた」「応募で始めた」の違いだけで、のちのち収入に大きく差ができてしまう可能性があります。

自分で「AV女優になりたい!」と決断したのですから、安易に紹介に頼ることはせずに、直接事務所に応募することをおすすめします。

事務所の選び方については次の項目を参考にしてみてください。

AV事務所の 選び方

単体が多い、素人系が多い、熟女が多い、面白いイベントや企画をやっている、など事務所によって特色や専門があります。応募でAVデビューするにあたって、自分に合ったプロダクション/事務所の選び方のポイントをいくつか紹介いたします。

大手、中小の メリット・デメリット

事務所は大手、中小のどちらが良いのか悩むところだと思います。それぞれのメリット・デメリットについてはAV女優の移籍についての「大手事務所が安心?」という項目で紹介していますので参考にしてみてください。

AV事務所の 選び方

バニラなどの高収入求人サイトでは多数のプロダクションがAV女優募集の広告を掲載しています。こういった高収入求人サイトで探すのも一つの手ですが、各社の求人内容は他社との差別化を図るため、他社よりも金額を高く高くと競い合って、大げさになってしまう傾向があり、あまり参考にならないかもしれません。

事務所A

1回で200万円以上可!

事務所B

2日間で250万円!

事務所C

1回で300万円!

凄いですね、そのうち1回500万円以上という事務所が出てくるかもしれません。

でも現実はデビューで売れてた単体女優が再契約する際や元芸能人やモデルなどの肩書きがない限り、デビュー時にこのような金額はもらえません。もし、問い合わせや面接時に「これぐらい稼げます」と言われたとしても、実際にお仕事依頼が来たら、色々理由を付けて相場の金額を提示されます。

 

応募で来た女優さんの稼げる金額は事務所によってそこまで大きく変わることはないのです。なぜならギャラを決めるのは基本的にはAVメーカーです。その人のAV作品を販売して利益が出せると予想できる金額までしかギャラは出ません。それなのに事務所によって金額が大きく変わるのはおかしいですよね?(交渉力や付き合いによって、多少の金額差はあります)

また、女優さんの取り分が60%や70%と多めに設定されている場合は、無名で事務所の魅力に自信がなく(そのため所属女優も少ない)、結局取り分が多かったとしても仕事依頼が少ない場合がほとんどです。倒産、ギャラの遅延や未払いのリスクも常に付きまといます。

求人サイトに書いてある目先のギャラの金額や条件ばかりを気にせずに、それ以外の部分で事務所を選ぶようにしましょう。

どうしても1社に決めきれない場合は何社か面接に行ってみてから考えると良いかもしれません。

当社からAVデビューするまでのながれはこちらをご覧ください。

AV女優になる方法 まとめ

よく考えずにスカウト、紹介でデビューしたり、自分に合わない事務所に入ってしまって後悔した場合は事務所を移籍することもできます。→AV女優の移籍について

とはいえ、手間がかかるうえにリスクもあるため、後悔がないようにデビューするのが一番です。そのためにはこのページを参考に、自分に合ったベストなAVプロダクション/AV事務所を選びましょう。

ACTではAV女優デビューしたい女性募集中!未経験者、歓迎しております。